棒振衣裳

しごきは晒布をねじり腰飾りにしております。背には赤、黄、青等のあざやかなタスキをしています。
加賀獅子舞の棒振りの衣裳は子供は柄生地の袴、上衣、大人は刺子に紺袴の衣裳が多く用いられています。

加賀獅子舞袴、上衣

地域により少しずつちがいますので、継承した衣裳の作成をこころがけています。


前の記事

能登獅子舞

次の記事

シャンガン