祭り前掛け・加賀、金沢ではケンタイとも呼ぶ衣装の材料

北陸、石川県の祭り衣装で獅子舞の時に、よく使用される「祭り前掛け」加賀、金沢ではケンタイとも呼ばれています。生地は別珍が使用されることが多いですが、染で作ることもあります。一般的に黒か赤の別珍を使用することが多いですが決まりがあるわけではありません。その在所の受け継がれた伝統によります。

色は色見本帖の色に限られます。昔の色が廃番になっている場合は近い色をお選びいただいています。別注で染めることは不可です。また、同じ色でも仕上がりの時が違う場合、光沢に違いが出ることがあります。

 

フリンジは二段9cm、棒フリンジ9cm、6cmが多く使用されています。また、特殊なフリンジ、飾り網は別注で作成します。その都度、見積りいたします。

 

二段

 

棒フリンジ

 

刺繍の種類は機械刺繍と手刺繍です。

 

金駒刺繍 アップリケ回り金駒刺繍

 

機械刺繍

機械刺繍

 

 

 

アップリケ廻り機械刺繍  型を作成する為、同じ柄を多く作成すると価格が抑えることが出来ます。

 

 

 

特別柄 手振り刺繍 一枚から希望の柄を作成種ることが出来ます。価格は高額ですが見積りを先にご提案できます。

 

サイズ 当社の一般的サイズです。