「牡丹」の花の柄は石川県の獅子舞蚊帳に多く見られる定番柄です。葉の黄色に移る部分のボカシは「引き染」ならではの手仕事で職人が一枚、一枚ていねいに色付けしていきます。腕の見せ所ですね。この商品は金沢の加賀友禅などを手掛ける工房での制作商品です。柄の「唐獅子」と「牡丹」は云われある組み合わせです。