森佐株式会社

  • お問い合わせ  アクセスマップ
  • お問い合わせ先 TEL:076-237-8888 FAX:076-237-7150
  • 人形の森佐 直通 TEL:076-239-0029

人形の森佐

人形の森佐 : 人形の森佐では、幼き日の思い出は人生の宝ものと考えご案内してまいります。  12月1日~4月30日 、土曜、日曜日営業いたします。 午前10:00~午後6:00  人形直通電話076-239-0029

12月1日~5月5日まで

土曜・日曜日休まず

営業いたします。 【営業時間】10:00~18:00 【人形の森佐 直通TEL】076-239-0029

森佐は人形修理に前向きに取組んでいます。

syuuri

修理についてのご質問の一例を記載させていただきました。当店では前向きに取り組んでおります。

 

節句人形業界では修理専門を生業としている方は少なく、一般的に製造するメーカーの職人の方々が出来る範囲での対応をする事が多くみられます。

 

スムーズに話を進めるには、お買い求めいただいた小売店に持ち込み、そのお人形を製作したメーカー、工房に連絡をとって修理してもらうことをおすすめいたします。

 

そのため、他店で購入したお人形の修理完成度でお客様のご希望に添えないことや、修理を断られる確率が高くなります。

 

販売だけでなく商品知識のあるお店でのご購入をおすすめいたします。人形の森佐では吉徳、その他の有名メーカー、修理の上手な職人ネットワークでスムーズな対応を心掛けております。

 

1、

Q, お顔に汚れがついてしまいました。きれいにできますか?

 

 

A, 雛人形の修理の中で一番にお客様が気になるところですね。きれいになります。 程度の差はありますが、費用と時間をいただければ対応できます。
できればシーズンオフのほうがメーカーも助かります。

 

 

2,
Q, 髪の毛がバラバラになりました。直せますか?

 

 

A,直せます。ただし、お買い求めいただいた時のようにツヤのある新品同様にはなりません。又、抜け落ちたり虫に食われて毛の無い場合は難しいです。

 

 

 

3、

Q、ひな人形の手指が折れてしまいました。直せるでしょうか?

 

 

 

A,雛人形の手先はプラスチック、又は木製で製作されており修理ではなく、新しい部分体と交換いたします。

 

 

4、

Q,人形のお着物が虫に喰われ穴が空きました。直せるでしょうか?

 

 

A,残念ですが当店では直すことはできません。お人形の着物は形を整える為に、内側では接着の糊や小釘を使い

仕上がっております。そのため、着物を脱がすことも基本的には出来ません。できるかぎり人形専用の防虫剤を

かたずける時に入れていただき、オフシーズンに空干をすることが理想的です。

 

 

5、

Q,カビが着物に出来て変色してしまいました直せるでしょうか?

 

 

A,残念ですが当店では直せません。カビの部分をブラシ等で落とすことはできますが、繊維部分の変色は修理は出来ません。

湿気の多い保管場所やおかたずけの時に湿気が多いとカビが出やすいです。

仕舞う時は天気の晴れた湿気の少ない日をおえらびください。

 

6、

Q,姫の頭の三本の金属が折れてしまいました。 修理出来ますか?

 

A,出来ます。 タマクシといいますが、頭の大きさに合わせて交換することができます。

 

7、

Q,小道具の扇の糸が切れバラけてしまいました直せますか?

 

A,小道具の修理はいたしておりません。 小道具は単品販売はしていませんが、親王飾り用、五人飾り用、15人飾り用のセットで販売いたしております。 大きさがございます。お人形の親王人形の大きさを基準にお申しつけください。

 

8,

Q, 鼻が欠けてしまいました。直せますか?

 

A,購入して日の浅い商品の場合はメーカーに同じ型番の頭があります。頭のみ交換が良いと思います。 お買い求めの小売店でご相談してください。古いお人形の場合は修理をすることになりまが職人さんに出来るか、出来ないかを確認する必要があります。必ず出来るとは限りません。出来る場合はお値段の見積を出してもらうことになりますが、お鼻部分の小さな仕事ですが安くは出来ないことが多いです。

9,

Q, 人形を飾ってあった木製の台が反ってしまいました直りますか?

 

A, 直すことはできません。木製品は天然素材のため、よく乾かせていない木素材を加工した場合、後日に反ってしまいます。

 

Q、人形を仕舞うとき気をつけることがありますか?

 

A,お客様の修理のお人形を持ち込まれるとき、よく新聞紙がクッション替わりなどに使用されていますが、インクが商品に移ることがあります。避けましょう。

 

Q,雪洞(ぼんぼり)の生地が古くなり破れてしまいました。直せますか。

 

A,お買い求めいただいて4~5年以内だと、メーカーに同じ商品の在庫があり対処できると思います。それ以上古いものであれば

 柄は同じものはないと思われますが、同じサイズ・大きさの商品を専門店で相談の上、単品でお買い求めいただいたほうが安くご手配ができると思います。