森佐株式会社

  • お問い合わせ  アクセスマップ
  • お問い合わせ先 TEL:076-237-8888 FAX:076-237-7150
  • 人形の森佐 直通 TEL:076-239-0029

法被、はんてん・祭用品の森佐

法被、はんてん・祭用品の森佐: 当店では地域の伝統文化を大切にした、法被、旗、幕、染加工品、お祭用品をご案内してまいります。

本染半纏について hantenhonzome

本染半纏

本染半纏(ほんぞめはんてん)引染半纏(ひきぞめはんてん)
現在ではいろいろな染色方法で本染半纏と呼ばれるものがあります。
『職人半纏』『消防半纏』『祭り半纏』など伝統的行事や用途に多くご利用されています。
長く使用すればするほどいい味が出るビンテージな半纏です。

【染めはんてんの生地素材】

江戸時代後期に大流行した半纏ですので、生地素材は天然素材になります。
素材は特に「木綿」を使用しておりその木綿もいろいろな種類がありました。
糸の太さや織り方で異なった生地を染めて作られていました。
綿の他にも「麻」であったり「絹」であったりといろいろな種類の半纏が存在しております。
少し変ったものでは、獣の皮を半纏にした「皮半纏」というものがあります。
半纏と呼ばれるものがいかに庶民の間で欠かせないものであったのかがよくわかります。
現在、「本染半纏」と呼ばれるものは綿素材のもの言います

【大紋(背柄・背文字)・衿文字】

半纏の背中に書かれている文字を大紋(だいもん)といい、衿に書かれているものを衿文字(えりもじ)といいます。
文字の色は、地色と同じ共色で、白い縁取りのある影(かげ)で入れるか、白抜き(白文字)で染められています。
書体は、江戸文字が多く現在でもとても人気のある書体です。
半天の背中の大紋に入っている文字には『祭』の他に『睦』がよく使われています。
『睦』とは「仲が睦まじい」「互いに慣れ親しむ」「仲良くする」という意味があり、お祭の時によく用いられます。
それ以外にも『祭禮』や『神輿』などその地域によっていろいろな種類があります。
背中に大きく入った大紋は着る人を選ばず「粋で「いなせ」な風情漂ういい男(女)に仕立てます。
【染め半纏の寸法】

本染半纏の代表的なものに『江戸半纏(えどはんてん)』があります。
既製品の「お祭り法被」より丈が長いのが特徴で、最近では『長袢纏(ながばんてん)』ともよばれております。

本染江戸半纏(長半纏)の参考寸法

〔寸法〕
着丈:2尺6寸 (約98cm)
後巾:8寸5分 (約66cm)
前巾:6寸5分 (約25cm)
袖付:8寸  (約29cm)
袖口:7寸  (約26cm)
裄:1尺8寸 (約69cm)
昔の人の身長は小柄だったことを考えるとだいたい膝ぐらいの丈の長さだったと思われます。
ちなみに通常の大人用既製品の祭り半纏の着丈は75cm~85cmです。